父の一周忌を終え、振り返る

2019-12-14

こんばんは‼️

チョークアートのLe ciel de mai.里佳です。

今日は父の一周忌法要でした。
12月にしては暖かく風が強い1日でした🌬
1年がこれほど早く感じ、亡くなったあの日のことは月日が流れても未だに鮮明に覚えています。
読経の流れる中、父のことを思い出していました…そして、この1年の激変ぶりを振り返っていました…
2019年のスタートが父の突然の死に始まり、今後の生き方を考えた末に白墨堂の有花先生のもとでティーチャーズコースを学ぶことを決めて、自分に足りない技術の鉛筆画デッサンや自分構築を学ぶ為にをチョークアートカレッジの由香利先生に学び、夏からチョークアート一本で仕事を始めました…
タイミングよく願いが叶い、嬉しさ半分…でも気持ちが追いつかなくて悩んだり、もがいたり、自分との戦い…そして、それを乗り越えた達成感を経験させてもらいました…
そして来年はさらに…✨✨

2019年の八白土星は真ん中に鎮座してます。だから周りを見渡すことができて、しっかり止まって自分の内面をみれて行動に移したのはそういうことだったのかも知れません…
父に『もう、心配しないでね…』とお念仏を唱え、無事に一周忌を終えました。
また明日から頑張ろう〜〜❣️

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です