チョークアート に付随する学び

2019-11-03

こんばんは‼️
Le ciel de mai.里佳です。
今週は春から始めた鉛筆画レッスンの課題に取り組んでいます。今まで基礎となる課題を学び、なかなか理解できなかったり、ものの成り立ちを考えずに描いていたものを修正しながら正しく描いていくことは気づきでもあり厳しい道のりでもありました💦💦
そして更に今回は自分のイメージをデッサンして組み立てるという内容…プレゼンありきな高度なレッスン。
…既に3回描いて未だクリア〜ならず😭😭
…思いつかないんだよね。頭ではあーんな感じ、こーんな感じってぽあんと沸くものの、絵にできないジレンマ😱ホント、苦手💦情けないわ〜〜😭😭
何でこんなに描けないの?って考えたら、こういう訓練をチョークアートを習い始めてからちゃんと受けたことが記憶にない…
もちろん、美術学校にも行ったことがない。

先生の下書きしたデッサンに色塗りしてたり、どこがどういけないか理解できず描き続けてしまったり、壁にぶつかるほど作品を描いてこなかった…
じゃあ、ここからどうする?
できないことはちゃんと認めて、補わなければならない技術は学ばなきゃ見心地のいい絵も描けるはずがない。画力も上がらないし、いつまで経っても自信がつかないんだわ。自分と同じような生徒さんだけは生みたくない!
それが私の想い…

今日、書店で『発想力を鍛える100の課題』?という本を見つけた✨✨(タイトルがうろ覚えですみません💦)パラパラ〜〜とみただけだけど、写真の一部分が空白になっていてひとつのテーマから自分がイメージしたものを描き入れていく内容みたいだった。
購入はしなかったけど、こういう訓練もありか…と思った🤨(役に立つかは分かりません…)笑
帰り際、主人から追い打ちをかけるように『フォントも書けないよね〜🤪』と言われ、本をすかさず購入してしまった😭
頑張るしかないよね…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です